行政書士の求人 行政書士柏崎事務所の補助者採用ページ

アクションプラン策定会議

''''


毎月1回の人生のアクションプラン策定 瞑想会議



経営者(経営者予備軍)の方が一番時間
をかけるべきが事業計画作成。

私自身も、最優先にやるべき事項は何かと考えると
事業計画の作成を考えます。

なぜなら、事業計画次第で
1年の活動が決まってしまいます。

しかし、私達は目の前の緊急事項に
時間と精神をすり減らしています。

その結果、重要な事を先延ばしにしているかもしれません。

事業計画は、
①ビジョン理念の策定
②数値計画の作成
③実際の短中期アクションプランの策定
 等に大きく分かれますが、

この会議では、上記のうち①②は触れず
③の短中期の実際のアクションプラン策定を
メインで行っていきます。

なぜなら一番メスを入れやすく、
課題解決に直結しやすいからです。

さらに、数年後から逆算した「直近1ヶ月~3ヵ月のアクションプラン」
に絞ります。(公私含む。)

後回しにしがちな、短中期計画策定に
強引に時間を作って、「本当にやるべきこと」
に時間とお金を投資する環境を自ら作りませんか。





なぜ、この会議を私自身が行うのか。




偉そうなことを言いましたが、私自身もついつい、目の前のことで時間とお金を消耗しがちです。

このセミナーを主催することで、皆様にワークでアクションプラン策定して頂きますが、一緒に私自身もワークをできればと思っております。

私自身も、月に1回、強制的に事業計画を作成する時間を取りたいという思いでございます。


料金は、人生計画から逆算して
直近のアクションプランを参加者同士で会議をしながら大きく見つめなおすことによって、
本来の自分がみつかるかもしれません。

はしごをかけ違えてしまえば、努力すればする程、
努力が無駄になってしまう可能性があります。

例えば、本セミナーでワーク中での会話 開業して半年のAさん

Aさん  前職で企業法務の経験があるので、最近、色々サービス立案しておりましてその1つの定款チェックサービスのDMを500枚まこうと考えています。

柏崎  その定款チェックは、もし企業の方が放置したらどれくらいの損害が発生するのですか? たとえば、雇用契約書や就業規則のある文言を放置したら、残業代請求が800万来る!というような状況になりますか?

Aさん  う~ん、よく考えてみると、たとえその定款を放置しても特に企業は不利益をあまり被らないですね。

柏崎  それにもかかわらず、あえてAさんに数万の代行報酬を払って依頼するメリットはどこにありますか?

Aさん  ・・・・ 。 このDM送付はいったん見送ろうかと思います。

よくある例 本セミナーでワーク中での会話 開業して10年Bさん 
Aさん  行政書士事務所を開業していますが、社労士事務所と税理士事務所を併設しようかと考えております。

柏崎  現在、知り合いに社会保険労務士事務所や税理士事務所がいるなかでなぜ、社労士事務所と税理士事務所を併設しようと考えているのですか。

Aさん やはりワンストップサービスという見栄えがよいと思いますし大きな事務所に見えるかと思いまして。

柏崎  それならば知り合いの社会保険労務士事務所や税理士事務所とワンストップサービスを提供すればよいのではないでしょうか。士業はアクが強いですし、よほどのメリットと信頼関係がある社労士と税理士の方はいらっしゃいますでしょうか。

Aさん いえ、特にいません。。とすると現在はワンストップサービスを知り合いベースで進めて、「これは」という方との信頼関係を構築に努めたほうが良いですね。



事前にアクションプランの検証することがあまりに少ない。




開業前および開業後、「このアクションプランが本当に適切か」
という事前検証が行われるケースはあまりに少ないと感じます。

結果、自分で思い込んだアクションプランが、時間を浪費するアクションプランであるということも多々あります。

このようなことにならないように
アクションプランが適切かという検証をするために
上記のような会話のやり取りをしながら
ワークを進めつつ行う予定です。


一番の時間節約は、すべきでないアクションに時間をかけないこと



ただでさえ忙しい、経営者です。
一番の時間節約は、すべきでないアクションに
時間をかけないことです。


そして、自分の本心や幸せに沿ったアクションプランを
立てることも必要かと考えております。

結果、臨終の際に、「無駄な人生だった」と気づいてしまうのはとても残念なことです。

ハッキリした目的から逆算したアクションプランがあってこそ、努力が実りますし、少々つらいことがあっても、がんばれるでしょう。


そのため本セミナーの価値は、「人生を無駄にしない」という点から場合によっては無限大かもしれません。

元々は15800円として設定しようかと考えておりますが
お試しという意味も込めて9800円にて設定いたしました。
なお、開業後して1年以内の方・未開業者までは7980円にて特別ご招待とさせていただきました。(2019年4月以降に値上げ予定)

※上記はシルバーコースで簡易的なアドバイスは行いますが、
ゴールドコースとして、実際の詳細なアクションプランについて柏崎のコンサルティング・相談希望の場合は、別途相談90分で29800円となります。(講義後に行うため毎回1名のみとさせて頂ければ幸いです。場合によりお受けできないこともございますことをご了承の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。)

最小催行人数

 2名 (1名しか集まらなかった場合は不開催となります。)

日時

【日時】
2019年2月2日 土曜日 午前9時30分~午前11時30分
柏崎法務事務所内
横浜市中区弁天通1丁目14番地3階18号

申込期限

開催日の5日前の24時まで。

 

主催紹介

行政書士 柏崎幸一(かしわざきこういち)

中央大学法学部在学中は元旦もゴールデンウィークもなく毎日朝から晩まで司法試験のの勉強に明け暮れ、法律学の素養を身につける。大学卒業後は、中規模会社法務部・ベンチャー会社法務部・司法書士事務所に勤務。法務部時代は、会社自体が数千社と取引きがある会社にもかかわらず、契約書の審査(業務委託契約書・秘密保持契約書・雇用関連の契約書etc)や法的なトラブル対応にほぼ一人で対応することもあり。その後、起業。人生経験(皆様からすれば、子供のような年齢かもしれません。)・人脈(よく連絡を取る友達が数人いる程度)・お金(預金算残高より借金の方が多い)が全く無いにもかかわらず、20代にして社員と事務所を抱え経営を軌道に乗せる。

 申込フォーム













powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional