行政書士の求人 行政書士柏崎事務所の補助者採用ページ

ライター/原稿記事作成の在宅スタッフ

ライター/原稿記事作成の在宅スタッフ

作業内容

QA形式で法律会計等専門的な記事を書いていただければ幸いです。

Qに関しては弊社からお送りします。

弊社のセミナー又は他社セミナーの講義をブログに落とし込んでもらう形式もございます。やりやすい方を選んでいただく予定です。

書き方はお任せいたしますが、下記で記載例を参考にして頂ければ幸いです。下記の例はちょっと、難しいかもしれないのでもっとシンプルにしても大丈夫です。

なお、ブログの書き方は下記の本が非常に参考になります。記事のサンプルも使えるものが多く、単なる日記ではない「アクセスを集めるブログ記事の作り方」のイメージが無い方は下記の本の購読を推奨いたします。(将来、行政書士で独立希望の方は特におススメ)
http://directlink.jp/tracking/af/1420667/po6jHAGN/

 ブログ作成の意味

■弊社にとってブログ作成して頂くメリット
・ブログ記事を作成して頂き、弊社のウェブサイトに記事をアップするこよって弊社の告知効果があがり、弊社に興味を持っていただくお客様が増え、結果、弊社の売上につながります。

■在宅スタッフ様にとってブログ作成して頂くメリット
・在宅で記事作成できます。
・これからアルバイトや社員求人応募を考えておられる方は、行政書士業務がどのようなものかイメージできるお仕事とお考え頂ければ幸いです。
・法律未経験でアルバイトや社員求人応募を考えられている場合、採用後、必要になる法律基礎知識を学べるようなブログ記事を作成して頂く予定です。これにより、安心してアルバイトや社員として働いてもらえるようになります。
・日常に関連する法律を調べて記事にことは、とても勉強になります。
・スキマ時間を活用できます。

 向いている方

・法律を勉強しながらコラムを書いてみたい方
・アルバイトができるほどの時間は確保できないがスキマ時間はある方
・法律未経験でも行政書士事務所で働けるか確認してみたい方

【記事例】


【少し堅苦しい法律コラム形式】

市街化調整区域の土地上の建築物の賃貸
自分の建物なのに貸せない??

☆事例の概要 

Aさんは、市街化調整区域である土地上に適法に建物を建てて二階部分に住んでいます。一階部分で診療所を開設していましたが、一階の診療所として使用していた部分で食堂をやりたいという知人に賃貸したいと思っています。
食堂として使用するためには、内装工事等が必要です。

☆問題
Aさんは、自分の所有だから、貸すのは自由だ!と、何の手続きも経ずに賃貸してよいのでしょうか。

☆答え 
Aさんは自分の所有の建物だからといって、使用目的を変える場合には都市計画上の用途変更の許可を受けるという手続を経ないと貸すことはできません。

☆必要な手続き
市街化調整区域に存する建物を使用目的(用途)を診療所から食堂等に変更して賃貸する場合には、用途変更の許可を受ける手続が必要です。

なお、Aさんが使用目的を診療所のままで、医者である友人に貸す場合には、目的が同様なので、Aさんは診療所の部分について許可を受けずに貸すことができます。

Aさんが用途変更の許可を受けないで食堂にしてしまうと。。。
法律に違反した建物となってしまいます。

このように、用途変更の許可を受けずに建物の使用目的を診療所から食堂に変更して賃貸をしてしまった場合には、後々トラブルになりかねないので十分に注意しましょう!

☆対策とまとめ
 市街化調整区域には原則的には建築物を建てることはできず、許可が不要な例外的な場合を除いて、都市計画法上の開発許可を受けることが必要となる区域です。

そして、適法に建築した場合でも、使用目的(用途)を変更する場合には、用途変更の許可が必要になる場合があります。 用途が同様であれば、用途変更の許可は不要です。

もしご自身がいらっしゃる場所が市街化調整区域の場合には、用途変更の許可を受けること想定して、賃貸の話を進めましょう。

具体的所在地、当該建築物の建築年等のよって、詳細が異なります。
それぞれの自治体で用途変更の許可申請の要否、申請が必要な場合には、用途変更の許可要件の有無について調べて申請をし、許可を受ける必要があります。


【かなり嚙み砕いて読み易く書いたバージョン 可能ならこのバージョンで作成お願いします】

こんにちは。
行政書士の柏崎です。

では、早速ですが、
ビザ申請で失敗した事例を
紹介したいと思います。

このケースもビザ申請で
よくある失敗なので読んで
学んでいただければと思います。

相談者の方は、
新会社をもう一つ立ち上げて、
中国語の塾を経営する事を考えていました。

そのため、
日本語と中国語を話せる
スタッフが欲しいと考えました。

まぁよくある話ですよね。

そこで、ビザ申請をしたのですが、
不許可になってしまってしまいました。

で、その不許可になった理由を
調べたら、

なんと場所を確保していない。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そう言われました。
そうなんです。

つまり、中国語塾としての
物件(建物)が必要になってきます。

でも、申請者としては、
賃貸借契約をしたくなくて、
使う時に予約して場所を使う。

そういうことを望んでいたんですね。
(要はレンタルスペースみたいなものです)

何故なら、もし場所を押さえて
部屋を借りるとなると、固定費が
かかってしまうからなんですね。

そして、それこそが
社長が出費を押させるために
避けたかったことなんですが、

それだと、いざ使おうとした時に、
「空いていない」ということも起きるので、

そうなってくると事業計画書と
違ってくることになります。

ですので、これが
不許可になった原因だったんですね。

それに、何故こんなに厳しいのか
というと、ペーパーカンパニーを
作らせないためなんですね。

何故ならペーパーカンパニーは
犯罪に利用される可能性が大だからです。

なので、塾やサロン等など、
場所が必要という場合には、
必ず場所(物件を)確保してくださいね。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

でも、どうしても予算の都合上
物件を借りっぱなしは嫌だ。
と言う場合には、裏技があって、
それは、無料で使用貸借を交すことですね。

(例えば友人とかで、そういう建物を
持っている人と無償で使用する契約です)

そうなれば、固定費はかからなくなります。

では、おさらいすると、、、

労働者が働く物件(建物)は必ず確保する
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということです。

このように、日本の入管の厳しさは、
世界でもトップレベルです。

なので正直言って素人知識では
まず不許可になってしまいます。

そして、もっと問題なのは、、、

一度不許可になると、
中々自分ひとりでは許可がおりない。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということなんですね。

なので、一度専門家にご相談
することをオススメします。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。


【納期について】

2~3記事作成にあたり1週間~10日程度かけていただいても問題ございません。
1ヶ月5記事前後を希望しますが、特に制約はありません。
また、お時間があるスキマ時間で作成で問題ございません。

【納品形態は特別なフォーマットなどありますか?】
ブログ記事に公開せず下書きという形式で残しておいていただけると幸いです。

【報酬について】

1500文字300円 (1文字0.2円)

リーガルチェック(法的に問題ないか)を弊社にて行う予定でございます。
なお、上記チェックが不要な場合、単価は大きく上げさせて頂きますのでご相談下さい。

【報酬支払い時期】

報酬の支払いについては、毎月月末にしめて、翌月20日払いとなります。(なお振込み手数料に関しては当方が負担します。)

【その他 注意点】

■著作権
他の方の著作権を侵害するような納品は必ず避けてください。(他の記事コピペ厳禁)
なお、いずれも当方側にて納品いただいたものの著作権その他の知的財産権を保有(具体的には他のメルマガ・ホームページ等に転用する可能性あり)することになることはご了承頂ければ幸いです。

■法令
他の方のウェブ情報(例、ブログ)を参考にして頂くと、最新の法令情報沿ってない可能性があり、結果、誤文を作成する可能性があります。必ず最新の情報か等ご確認の程、よろしくお願いします。

■断定判断の文章
ブログの記載のしかたとして、断定形で「法令上できます」という記載は避けて頂きますと幸いです。法令は何事も原則例外がございますので、必ずできる等の記載はリスクが高い記事となってしまいます。

 よくあるQA

(質問) 応募にあたり法律知識や法律勉強の経験は必要ですか'
(回答)  不要です。ブログ記事を書きながら学んで頂くという程度でお考え頂ければ幸いです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional